読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ーユリブログー

百合をこよなく愛する管理人が百合作品を紹介しています。

漫画紹介~私と彼女のお泊まり映画~

★★★★☆ 漫画

木曜日

 

今週は4日しかないので、

多少気が楽です!

花粉以外は・・・。

私はスギ、ヒノキ、カモガヤ持ちなので、6月くらいまでがシーズンです。

アレグラー!! がんばれー!! (ミラクルライトを振りながら)

 

さて、最近Amazonプライムで鑑賞可能な映画から、色々見ていたのですが、

今まで見た中では、2001年宇宙の旅コンテイジョン

ウェイヴ、アメリカンサイコ、ゾディアックあたりが面白かったです!

プライム会員なら無料ですので、未視聴の方はぜひ!

なんとなく察せられるかもしれませんが、私はミステリー、ホラー系の作品が好きです。

 

そして私がこんなに映画を見るようになったのも、

この作品に影響されたからなんだ! ↓↓ 

私と彼女のお泊まり映画 1 (BUNCH COMICS)

私と彼女のお泊まり映画 1 (BUNCH COMICS)

 

 オススメ度:★★★★☆(4/5)

昨年末に発売された一作。

映画+百合というありそうでなかった作品です。

映画のジャンルはホラーもアクションもファミリーものも色々載っています。

映画作品そのものの描写はあんまりなく、

主に作品を見た二人の感想と、その後の二人の様子を描いています。

 

内容としては、

大学生の小春(表紙左)と麻由美(表紙右)の二人は、

高校生の頃から毎週末二人でお泊りで映画鑑賞会を開催しています。

二人は性格も映画の好みも結構違うのですが、

ふとしたきっかけで仲良くなり、現在に至っています。

二人で映画についての感想や意見を仲睦まじく交換しているさまは

見ていてとても微笑ましかったです!

こんな風に作品を一緒に見て意見交換できる相手が側にいるというのは、

とっても楽しそうです!実際羨ましい!!

 

この作品、先日の日経新聞の夕刊にチラッと載っていました。

最近映画を取り扱った漫画作品が多い、といった記事でしたね。

読んでいてビックリしました。

漫画紹介~スクール人魚~

★★☆☆☆ 漫画

月曜日。

 

連休が終わってしまう!

今週は4日しかないと前向きに捉えることにします。

明日花粉はやや少ないようですが、気温が低いようなので、

風邪の方に気をつけないといけませんね。

今まで経験がないんですが、

花粉症と風邪って同時にかかったらどうなるんでしょうね?

 

さて、本日、避け続けていたのですが、

ハピネスチャージプリキュアの映画を見ました!

なんと、大変素晴らしい出来栄えでございました!

すごくいいお話でしたので、ぜひご覧ください!

個人的には、まほプリ、ドキプリ、スプラッシュスターと同じくらいよかったです!

なぜあのクオリティを本編に活かせなかったのか・・・

 

お休みを一日映画鑑賞で使ってしまいましたが、

これもこの漫画を読んだからなんだ!

私と彼女のお泊まり映画 1 (BUNCH COMICS)

私と彼女のお泊まり映画 1 (BUNCH COMICS)

 

良かったです! 本作はまた後日レビューすることにします。 

 

本日はこちら。

スクール人魚(3)(チャンピオンREDコミックス)

スクール人魚(3)(チャンピオンREDコミックス)

 
スクール人魚(2)(チャンピオンREDコミックス)
 

 オススメ度:★★☆☆☆(2/5)

ふたりとふたりしまいずむの作者さまが送る、学園ホラー漫画です。

ストーリーの性質上、百合好きには素直におすすめできないという意味で★二つにしていますが、

個人的にはとても面白かったです!

男性は3巻でこそよく出ますが、1巻2巻はほぼ女性しか出ません。百合要素もあります!

というわけで、百合要素が少しでもあればOK!な方であれば安心してオススメできる一作です。

 

夜中に学校のプールで呪文を唱えると出現する、

スクール水着姿の「人魚」(表紙にわらわらいる子たち)の血肉を食べると恋が叶う、

という噂が手帳の形で継承されている高校(共学)が舞台です。

一応、ネタバレにならない範囲で、以下のように幾つか条件があって、

・人魚の水着の胸元にはアルファベットがある。

・恋を叶えるには想い人と同じイニシャルの人魚の血肉を食べる必要がある。

・人魚を呼び出せるのは「女性」のみ(先生もOK)。

・タイムリミットは日の出までで、日の出までに人魚の血肉を食べられないと自分も人魚になる。

など(他にもありますが、あとは本書でご確認下さいませ)。

したがって、殆どのお話では、女の子が片想い中の男性に好かれたいがために、

人魚を呼び出し、時間切れまでに目当ての人魚の血肉を食べるべく奮闘する、

という流れになっているため、百合要素は少ないです(でもありますよ!)。

 

1巻と2巻はオムニバス形式で進み、

その手帳が学校で流れるようになったきっかけまでが描かれていて、

3巻では主人公が固定になっていて、人魚が誕生した原因を探る流れになっています。

3巻が結構気になるところで終わっているので、楽しみにしています!

小説紹介~裏世界ピクニック~

★★★★☆ 小説

日曜日。

 

ニチアサ!

 

キュウレンジャー

リーダー決定回。順当に赤がリーダーのようですね。

最近シルバーの人が結構いいキャラしている気がします!

あと、今回はトリックスターのはずのバランスが、

常識人ポジションだったのが面白かったです。

ってか彼、おどけてるけど結構マトモですよね。

来週はライダーとのコラボ回らしいです。

どんなお話なんでしょうね。

 

エグゼイド。

まさかの社長が退場!

社長さぁぁああん!!

ってなりました!

最近彼がお話を全部持っていっている感が半端ではなかったので、

まさか退場するとは思っていませんでした。

今回も彼と、飛彩さんが目立っていて個人的には満足でした!!

来週からどうなるんでしょうかね?

次回予告を見るに、ピポパポとパラドも顔見知りっぽいし・・・。

楽しみにしています。

 

リアラ

ペコリン回!キレイな回でしたね!

ペコリンたちの現状の説明と、

お店を開くという今後の展開が語られました。

調理師免許とか、突っ込んじゃいけないのかな・・・

それにしても、いちかちゃん良い子ですね!

主人公として、お話を進めていってくれている感じがあって、

とっても良いと思います!

 

プリキュア繋がりで、先日もお伝えいたしましたとおり、

ふたご先生版の魔法つかいプリキュアを読みました!

2巻は なかよし掲載分に加え、50ページに渡る描き下ろしが入っているのですが、

この描き下ろしがヤバイです!

家族旅行(原文ママ)のお話なのですが、

プリキュアあそこまで行ってしまったのはみらリコだけでしょう!

私はもうコレに関しては百合漫画と言ってしまって良いと思います!

末永くお幸せに!今後も素敵な家庭を築いていってくださいね!

特装版ではるはるが見られたのも嬉しかったです!

 

 本日はこちら。

裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル (ハヤカワ文庫JA)

裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル (ハヤカワ文庫JA)

 

 オススメ度:★★★★☆(4/5)

早川書房から先月発刊された一作。

百合がメインテーマではないですが、

女の子二人が出会い、仲良くなって一緒に冒険するストーリーのため、

百合好きにとてもオススメできる一作です!

ミステリーホラー系なのでちょっと怖い要素がある点はご注意下さい。

 

ネットなどでよく語られる噂や怖い話(くねくねとか)が反映された、

不思議な空間「裏世界」を旅する二人の女の子が主人公(表紙の二人)。

表紙の左は鳥子、右は空魚(そらお)と言います。

空魚はふとしたきっかけで裏世界を知り、

探検中に動けなくなっていたところで鳥子に助けられます。

そうして知り合った二人は次第に二人で裏世界を探検することになって・・・。

というのがあらすじです。

 

鳥子は積極的なタイプで、空魚は慎重なタイプなので、

結構対称的なコンビなのですが、

♪お互いピンチを乗り越えるたび、強く、近く、なるね☆

という具合に仲良くなっていきます。

特に空魚の方は、作品中である人物から「依存性サイコパス」とまで言われるほど、

鳥子のことを想うようになるので、百合要素も期待して良いです!

男性も出ますが、二人の世界には入ってきません。

 

内容も面白くって、最後まで楽しめました!

ネット界隈のミステリーな噂等がお好きな方は是非!

漫画紹介~しょーがくせいのあたまのなか~

★★★☆☆ 漫画

金曜日。

 

明日から三連休ですねー。

いつの間にか3月も半ばを過ぎて、

花粉症の私にはきつい時期です。

あともう少しの間アレグラFXさんに頑張ってもらいます。

 

今更ながら、まほプリのコミックスを読みました!

さすがふたご先生!!

以前ドキドキ!プリキュアをご紹介しましたが、

百合度はこちらが上です!しかも遥かに!

みらリコが完全に夫婦です!!

運命的に出会い、仲を育み、

嫉妬したりもしたけれど、

めでたく子どもが出来、

子育てをし、子どもの教育方針で揉め、

子どもの成長の喜びを分かち合う、

という、どこのラブラブ夫婦だ、ってな流れが網羅されています!!

他にも「わたしのリコ」だとか、

みらいのこんな顔を知っているのは私だけ」とか、

結構際どい台詞もありまして、大変結構な作品でした!!!

オススメです!!

 

本日はこちら。

 オススメ度:★★★☆☆(3/5)

スズナリ!かなめもの作者さまの描く小学生の日常を描いた一作。

ちょっと惚れっぽいけど一般的な小学生・みゆと、

冷静で毒舌系だけどみゆが大好きな女児・ふたば、

パワフルな電波系のわんぱく少女・いちこの3人が主な登場人物。

 

内容ですが、大変ブラックなコメディです。

ブラックというのもハートフルボッコ的なブラックさではなく、

社会風刺的なブラックさです。カービィのアニメ版みたいな。

まず帯からして、「小学生が言うなら問題ない!」とあり、

明らかに異彩を放っています!

内容は多くは語りませんが、作者さまのあとがきに、

「描きたい漫画を伝えたら「ウチでは無理だ」と言われた」とか

OK出したネタが上から却下喰らった」とか、書かれていました。

というわけで、コメディとしては大変良質な一作かと思います!

 

百合的には、ふたばちゃんがガチです。

クール系ですが、愛しのみゆちゃんに対しては色々世話を焼くのだけど、

みゆは天真爛漫で(男子には)惚れっぽいチョロい性格なので、

なかなか彼女の想いは届いていません。

というわけで、百合度はさほど高くはないです。

でも低くもないです。

小説紹介~ハーモニー~

★★☆☆☆ 小説

日曜日。

 

ニチアサ!

 

キュウレンジャー

9人揃いましたね!

まさかのメロンのニーサンのエントリーは驚きました!!

今回は悪役のようですね。

結局オレンジの人が博士を手に掛けた辺りの流れはどうなったかよくわかりませんが、

まあ、来週あたりフォローがあるのでしょう。

そう信じています。

 

エグゼイド!

社長サン!

つい「ですよねー!!」って拍手までしてしまいました!

俳優さんの演技まで含めて素晴らしかったです!

最近の本編は彼が全部持っていっている感が半端じゃないです。

あとは、飛彩さんが相変わらずイケメンでステキでした!!

来週はついにレベル99のエグゼイドが出るっぽいですね!

楽しみにしています!

 

リアラ!!!

キュアショコラ登場回!

良かったです! とっても良かったです!!

朝から興奮覚めやらぬ30分でした!!

まずはOPですよ!

ゆかりお姉さまとあきらさんとはるはるたちの遭遇、

そしてゆいちゃん登場からのゆいちゃんに壁ドンするあきらさん、

と始まりから見どころ盛りだくさんでした!!

EDも、はるみな、きらトワ、みらリコを隣同士に配置しているところを放映する、

奥ゆかしき公式のコンシダレシヨンに感銘を受けました!!

本編も、やっぱりシスコンだったあきらさんとか、

イケメンなあきらさんにメロメロないちかちゃんとか、

すべてを察して面白がるゆかりお姉さまとか、

見どころ満載で素晴らしかったです!

そして何よりあきらさんのカッコ良さですよ!!

来週も楽しみにしています!!

 

本日はこちら。

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

 

オススメ度:★★☆☆☆(2/5) 

最近購読した一作。

女性同士の恋愛を描いた作品ではないですが、主人公を含め、メインの人物がほぼ女性であることと、

「女の子が女の子の心を動かせば、もうそこに愛が生まれ、百合になるのだ」

ということに従えば、まあ百合と言える作品です。

以上を総合的に勘案して、 ★二つとしました。

 作品の完成度はとても高いと思います!

 

内容は、近未来の世界を舞台にしたSFです。

世界中の人間の人体が共通のリソースとして認知され、

人々は病気や戦争などが起きないように、

身体をAIで完全に管理されているという設定です。

そんな世の中に無意識に嫌気が差していた霧慧トァンは、

同じくこの世界を嫌悪している御冷ミァハという子から話しかけられ、

自分の体は自分のものであることを世界に示すために、自殺を持ちかけられます。

しかし、ミァハは自殺に成功しますが、トァンは失敗してしまいます。

そして成人したトァンは・・・、といった感じです。

 

このトァンという人物ですが、

小説内での行動に徹頭徹尾、ミァハがベースにあります。

そのため、彼女達が恋愛関係とは全く言えないのですが、

お互いに特別な関係であったことは全く疑いの余地が無いです。

お話や描写も凝っていて、面白く読めた一冊でした!

 

ただ念のための注意として、若干のネタバレなのですが、

ミァハはとある事情で処女ではないです。

人によってはおそらく結構ショックを受ける事情かと思いますので、

ニガテな方はお気をつけ下さい。

 

ちなみに漫画版もあります。

残念ながら私は未読です。。

まだ完結していないようなので、機会があったら読んでみます!