ーユリブログー

百合をこよなく愛する管理人が百合作品を紹介しています。

漫画紹介~このはな綺譚~

火曜日。

 

大阪からこんにちは。

梅田を散策し終わって帰ってきました。

迷路のように入り組んでいて、大変迷いました。

そういえば、

新大阪に着いた時、外国人のお姉さま方が道頓堀に行きたがっていたので、

拙い英語で行き方を案内したけれど、無事たどり着けただろうか・・・。

道頓堀が何駅かわかんなかったから、

とりあえず御堂筋線新大阪駅の場所と、天王寺行きに乗って下さい、

としか言えなかったでござる・・・。

まあ、駅員さんにでも聞いたでしょう。たぶん。

 

あと、いま半分程度まで読んだんですが、

「まゆりお」っていう小説が甘々な百合で良い感じです!

まゆりお: 好きにならずにいられない、友恋なふたりの物語 (ののべる.jp)

まゆりお: 好きにならずにいられない、友恋なふたりの物語 (ののべる.jp)

 

Kindle Unlimitedで読めますので、

登録されている方は是非! 

 

さて、本日はこちら。

このはな綺譚  (5) (バーズコミックス)

このはな綺譚 (5) (バーズコミックス)

 
このはな綺譚 (4) (バーズコミックス)

このはな綺譚 (4) (バーズコミックス)

 
このはな綺譚 (1) (バーズコミックス)
 
このはな綺譚  (2) (バーズコミックス)

このはな綺譚 (2) (バーズコミックス)

 
このはな綺譚  (3) (バーズコミックス)

このはな綺譚 (3) (バーズコミックス)

 

オススメ度:★★★★★(5/5) 

たいへんお恥ずかしながら、百合姫コミックス版は所有&読了していましたが、

最近になって、実は続いていると知り、本日やっと追いついた作品。

「なぜ私は見逃していたのだ!? もっと早く読むべきだった!」

と、自責の念に苛まれてしまうほどに、心に刺さる良作でした!!

たまに切なく、でも心が温まる、そんな作品です。

雰囲気としてはARIADear Emily...に近い感じですが、

題材が題材だけに、両者より少しシリアス成分が多めな印象です。

 

本筋は、神様がお客として訪れるお宿・此花亭(このはなてい)で働いている、

柚(1巻表紙右)を主人公に、お宿で働く仲居のみんなやお客さんとの交流と、

それを通じて成長する柚や仲居のみんなを描いた作品です。

できないながらに一生懸命な柚ちゃんが個人的に気に入っています。

なんでしょう、やっぱりプリンセスプリキュアのはるはるみたいな、

頑張っていて、庇護欲をくすぐる感じがたまらんです!

やっぱり一途に頑張る子はみていて癒やされますね!

 

百合的な見どころは、

柚とそのパートナー・皐、棗と蓮などに友達を越えたなにかを感じることが出来ます。

あと、蓮の妹の桃ちゃんは完全にアレです。

といちはいち」なんて言葉、ワタシ知らんかったよ。

でも!百合抜きでも読んでほしい一作です!!

今度アニメ化するそうなので、大層楽しみにしています!

しかも今なら1巻、2巻がなんと200円なんだ!

未読の方はぜひ読むんだ!!!

 

あ、先生の奥ゆかしき配慮により、

上の5冊単独でも読めるようになっていますが、

お話自体は前の「此花亭奇譚」から続いているので、

読む時はこっちから読むことを推奨します!

 

 

天乃咲哉先生すみません。

なんで見落としてたんだろう・・・。あー・・・!!

広告を非表示にする